東京藝大オープンアーカイブは、東京藝術大学美術館が保管する作品を中心に公開展示すると共に

「たいけん美じゅつ研究所」というプログラムを通して調査研究を行う収蔵庫でもあります。

収蔵庫は貴重な作品を次の世代に届けていくため、保存環境を整え、管理していく場所です。

作品保護のために、こちらでは時間を区切り少人数ずつ限定的に公開しています。

 

東京藝大では学生が制作した優秀な卒業・修了作品の買い上げ制度があり、

ここにある作品は、その買い上げ作品が主となっています。収蔵されて以来、ほとんどが初公開となります。

1年ごとに展示替えを行う予定ですが、今回は映像や彫刻、インスタレーションなど

立体作品を中心にご覧いただけます。取手市長賞に選ばれ、

取手市が買い上げた作品の中から日本画などの平面作品も展示していますので、是非併せてご覧ください。

 

美術館の展示室とは異なり、普段どのように保存されているのかを知っていただくために、

一部の作品は段ボール箱などに収納したままになっています。

また、説明書きが少なかったり、展示台ではなく木製パレットの上に展示するなど

収蔵庫ならではの見せ方をしています。そこにもご注目いただけますと幸いです。

 

<出品作家>(50音順)

東京藝術大学大学美術館所蔵

大西 景太/鎌田 友介/越田 乃梨子/小林 龍太/小牧 ゆり/志喜屋 徹

柴田 早穂/田中 信光/福岡 龍太/村尾 里奈/村田 朋泰/森田 太初

※鎌田 友介さんの作品は東京藝大オープンアーカイブの隣のクローズアーカイブに収蔵されています。

 

取手市蔵

秋山 洋平/菅原 道朝/曽谷 朝絵/中島 芳奈子/野堀 佳代子/松下 雅寿

松永 龍太郎/吉川 龍/渡辺 悦子

 

<開場時間>

11:00-12:00  14:30-15:30  16:30-17:30

※木曜日はお休み・金曜日は午前お休み