たいけん美じゅつ場のパークに副産物産店の自動販売機を設置しました!
自動販売機で販売されている「副産物」の一部は、取手を拠点に活動するアーティストたちのアトリエから見つけたものです。

 

副産物産店について

副産物産店(矢津吉隆 + 山田毅)

アーティストのアトリエから出る魅力的な廃材を”副産物”と呼び、回収、販売する資材循環プロジェクト。作品の制作過程で副次的に生まれてくる”副産物”は、アトリエの片隅に置かれいずれは捨てられる運命にあったモノたちです。それぞれの作家の感性を帯びた作品未満のそれらのモノたちに敢えてスポットを当てることで、ものの価値や可能性について改めて考える機会をつくりたいと思っています。主な展覧会はやんばるアートフェスティバル2019-2020(沖縄)、かめおか霧の芸術祭(京都)など。京都を拠点に活動。